社会福祉法人 紀の国福樹会 岩出憩い園 | 和歌山県・岩出市の介護施設・介護サービス

スタッフインタビュー

06

笑顔で「また来るね」と言ってもらえるケアを。

2013年入社

生活相談員 Social Worker

心がけていることは、目線。同じ高さでお話しすることを特に意識しています。

自分たちで考えて施設づくりができるオープニングは魅力的に映り、まだ子どもが小さいので自宅から5、6分のところにある点も魅力的でした。また、当施設のデイサービスは土日がお休みですし、平日も大体定時には上がれます。子ども中心の生活ができるところも、ここを選んだ理由のひとつです。生活相談員として同じ目線の高さでお話しすることと、どんな人生を送られてきたのか、どのような想いで日々過ごされているかを聞くことが大切にしています。

赤い眼鏡がトレードマーク。利用者様との距離を縮めてくれました。

ずっと接していると利用者様が私の名前や特徴を覚えていただき、本当にうれしいです。私は赤い眼鏡をかけていることが多いので、「アカブチさん」と気軽に呼んでくださる方もいらっしゃいます。私自身が「赤好き」というのもありますが、赤は明るく、見た人の気持ちがパッと明るくなるので、日ごろから着用することで、利用者様に少しでも晴れやかな気分になっていただいています。

利用者様お一人おひとりと接することが、私にとって学びそのもの。

介護技術の向上を図ることが目標です。日々利用者様と接しながら、お一人おひとりに勉強をさせてもらっています。毎日お会いする方でも、当然のことかもしれませんが、日によって体調が違うこともあり、毎日が発見の連続です。利用者様に笑顔で帰っていただけることをやりがいに、「ここに来て良かった」「また来たい」と思っていただける利用者様を一人でも増やせるデイサービスにしていけるよう頑張っていきます。

当法人で働きたいあなたへメッセージ!

当施設での日々は充実。1週間が本当に早く感じられ、休みの日は下の子とお出かけしたりするなどプライベートも満喫できます。職場での人間関係も良好で、職員同士が助け合い、私が事務作業を抱えていたら「手伝おうか?」と声をかけてくれることもしばしばです。そんな働きやすい職場の仲間になってください。