社会福祉法人 紀の国福樹会 岩出憩い園 | 和歌山県・岩出市の介護施設・介護サービス

スタッフインタビュー

03

利用者様から顔の見える管理栄養士を目指しています。

管理栄養士 Registered Dietitian

自分の献立から生まれた料理で食べる喜びを提供しています。

もともと栄養士を志したのは、病院で働いていた親戚がきっかけです。その人を通して栄養士の存在を知り、「世の中にはこういう仕事があるんだ!」と興味を持ちました。自分の考えた献立をもとに調理された料理に対し、食べる喜びをより強く感じてもらえるような職場がいいと考え、介護系施設を選択。利用者様の反応を直接見られることが魅力で、「おいしい」と言っていただけると、この仕事に就いて良かったと思います。

調理方法、味つけ、メニュー…利用者様の「食」への想いをヒアリング。

午前中は下処理など調理スタッフさんのお手伝いし、献立の作成、材料の発注、事務処理全般など管理栄養士の業務は多岐にわたります。最近特に心がけていることは、利用者様が実際に食べている状況を見に行くことです。「固さはどうですか?」「飲み込みにくくなかったですか?」「お味はいかがですか?」と調理方法や味つけなど、利用者様の満足度の把握に努め、次の献立の作成に活かしています。

皆様の一番の楽しみである「食」をこれからも支え続けていきます。

食事は、特に高齢者の方にとって、健康面から考えてもとても大事ですし、施設での生活のなかで一番の楽しみといっても過言ではありません。施設には、嚥下の困難な方もいらっしゃり、そうした方にもおいしく安全に食べてもらえるような調理方法を引き続き追求していくなど、大切な「食」を管理栄養士として支えていくことが目標です。

当法人で働きたいあなたへメッセージ!

当施設は、イベントが数多くあることが特徴であり、どのイベントでもおいしい食事は必要不可欠です。普段はどのユニットも基本メニューは共通ですが、イベント時には、「みんなでお鍋をつつきたい!」「お好み焼やたこ焼きパーティーがしたい!」といった介護スタッフからの要望に応えて、ユニットごとの献立の作成や材料の発注を行っています。ユニット型施設ならではの醍醐味です。あなたも当施設で味わってください。